奈良県 吉野の木

奈良県の銘木 吉野杉 吉野桧の主な伐採場所は 奈良県全域にあたり、弊社では東吉野村 川上村にて

伐採された木材を利用します。

吉野における人口植林の歴史は古く約500年前の室町時代までさかのぼる事ができます。

その長い経験は、そのまま林業の基礎を築いてきたと過言ではありません。

とても起伏の激しい山間で 30メートルを超えるような大木を切り倒し、ヘリコプターで搬出する現場はかなり

ダイナミックな作業風景がみられます。

同時に丁寧な植林作業も行われ数百年かけて培われてきた育林を守っていきます。

吉野材の特徴

吉野材の最大の特徴は 

芯が円心にあり曲りが少なく、年輪巾が細かく均一であり

色 つやが良く光沢にとんでいる事です。

年輪巾が細かく均一であるという事は、そのまま強度も高いという事にも

つながります。