奈良県 吉野の木

日本で最も植林の歴史が古い地域のひとつ

吉野林業には吉野杉、吉野桧といったブランド材を育て来た事で有名で 日本の林業の模範ともされて来ました。

奈良や京都の京都が栄た時代から利用されてきた吉野の木。当初は天然木を伐っていたものの、築城などの

木材需要により植林も盛んに行われるようになりました。

吉野林業には 400〜450年の長い歴史があります。

吉野で林業が盛んに行われてきた背景のひとつに自然環境があります。

吉野の川上や黒滝、東吉野辺りの保水と透湿性に優れている他、植物の育成に必要な栄養が多く含まれる森林土壌です。

年間雨量も多く温暖な気候条件も大きなめぐみです。

又 吉野林業には (山守制度) という独自の制度があります。

これは山を所有する者  (山主)

山を管理する者 (山守)を分ける制度。

一般的に林業では日々手をかけても木が育つまでお金が入りませんが、この制度では 山主に代わり山守が

現場できを育てる役割を果たします。

山主から毎年世話代もらうことが出来る上、木の購入券も優先的に認められるとあって

山守は一生懸命に山を育てるのだといいます。

山守と山主の厚い信頼関係により、丁寧に作りあげられた山は吉野杉や吉野桧の付加価値とされて来ました。

 

奈良県の銘木 吉野杉 吉野桧の主な伐採場所は 奈良県全域にあたり、弊社では東吉野村 川上村にて

伐採された木材を利用します。

吉野における人口植林の歴史は古く約500年前の室町時代までさかのぼる事ができます。

その長い経験は、そのまま林業の基礎を築いてきたと過言ではありません。

とても起伏の激しい山間で 30メートルを超えるような大木を切り倒し、ヘリコプターで搬出する現場はかなり

ダイナミックな作業風景がみられます。

同時に丁寧な植林作業も行われ数百年かけて培われてきた育林を守っていきます。

吉野材の特徴

吉野材の最大の特徴は 

芯が円心にあり曲りが少なく、年輪巾が細かく均一であり

色 つやが良く光沢にとんでいる事です。

年輪巾が細かく均一であるという事は、そのまま強度も高いという事にも

つながります。